東保育園の遊びと学び

東保育園の遊びと学び
いろいろな経験をして体と心を育てます。

こどもの生活のほとんどは「あそび」です。あそびの中でこどもが身に付ける知恵と力は、計り知れません。体を動かし、ルールのあるあそびを楽しんだり、友達と好きなあそびをおもいきりすることで心も安定し、精神的にも満足します。

水遊び・泥・砂あそび

泥遊び

水、泥、砂はこどもにとってあそびへの最初の出会いであり出発点です。特別な技術やルールがなく気軽にでき楽しめ、自分を解放することができます。また、大きい子と小さい子が一緒にあそんだりぶつかり合うことで社会性が芽生えます。


リズム表現・うた

ピアノにあわせてとんぼになったりうさぎになったり、いろいろな動きや表現をします。それらの動きは、こどもの発達に必要なからだの動きが含まれており、運動機能と脳の発達が促されます。


体育あそび

鉄棒、マット、とび箱など園庭の固定遊具で遊びます、うんどう会では、木下駄や竹馬にも乗ります。できなかったことが出来るようになった喜びを友だちと味わい、認め合って心身ともにたくましく成長します。


英語であそぼう

泥遊び

国際化が進む現代社会で必要とされる英語力。東保育園では年長クラスになるとバイリンガル講師による英語の時間が始まります。吸収力の高いこの時期に英語であそぶことで楽しく自然に英語に対する興味関心の心を育てます。この頃から英語に触れることで、英語嫌いや英語アレルギー予防にもなります。


描く・作る・聞く

泥遊び

描く・作る・話す・歌う・体を動かすなどの、豊かな情操は幼児期の体験を通して育ちます。自然・音楽・童話や絵本・演劇や人形劇などの美しいものにふれる活動により豊かな人格が形成されます。特に、折り紙・あやとり・三つ編み・こままわしなどの手指を巧みに操作するあそびは、脳を刺激し、感覚や知覚を発達させます。


散歩

泥遊び

自然の中でのびのび遊び、四季折々の自然を楽しみながら、体を丈夫にします。歩くことによって第二の心臓をいわれる足を使い血液の循環がよくなり、脳の発達が促されます。

★東保育園のお散歩・ハイキング・遠足コース→新川公園、浅間山、桐生川土手、ガッチン山、桐生ガ丘公園、群馬こどものくに、吾妻山登山、ぶどう狩り、野外活動センター


畑づくり

泥遊び

東保育園の園庭には畑があり、楽しみながら食育を行っています。土に親しみ世話をしながら季節の野菜や果物の生長を観察したり、収穫した野菜を食べることで意欲や喜びを味わい、食べ物を大事にする心が産まれます。


プールあそび

泥遊び

夏の中心的な活動で、皮膚をきたえたり気管などが丈夫になります。また、手、足、腰などに力がつき、精神的にも自信がもてるようになります。


お問い合わせ
0277-47-1066